最終更新日付: 2012/03/02
授業科目名:経済統計学(各論) 担当者(ふりがな)山田  茂(やまだ しげる)
英文名:

授業のねらい・到達目標  重要な経済統計の作成方法・結果の入手法・基本的分析法を解説する。
 概ね授業の前半は、毎回教科書の内容から作成した問題の解説。後半は端末室でパソコンの実習。
 パソコンの利用が必要なので、受講希望者は情報科学センターの講習会を受講してID番号を取得しておくこと。利用時にパスワードを覚えている必要がある。端末室を利用するので、人数を制限することがある。
2006年度以前の経済統計学Bと同じ内容
教科書 『演習統計』近・木村・森編著 産業統計研究社
(期末試験は教科書を参照しながら解答する形式)
参考書 近昭夫ほか『現代の社会と統計』産業統計研究社 2006年永濱利廣『経済指標はこう読む』平凡社新書 2006年
鈴木正俊『経済データの読み方 新版』岩波新書 2006年
佐和隆光『初等統計解析』新曜社
評価  期末の筆記試験の結果が基本。筆記試験の結果が低い場合には、小テスト・端末での実習・提出物など平常点を加えることがある。
 細部は、受講生の人数によって変更する。端末での実習の際には、パスワードを覚えている必要がある。希望者が多いときは、上の学年を優先する。
具体的評価方法   小テストは3回前後実施する。対象者は学年と学籍番号で指定する。

 4年生は全部受けても良い。1-3年生は原則1回受けること。

 試験問題は計算問題が大半であるので、電卓が必要な場合がほとんど。

 形式は、計算問題のほか、計算結果やグラフの形から判断できることを文章で答える問題やExcel の使用法。
関連リンク  山田茂の個人ページ 教材のダウンロード 山田茂の個人ページ

【授業計画】
回数 授業内容とそれに必要な準備
第1回 イントロダクション
 表計算ソフトの利用法の基礎
 
山田茂の個人ページ
第2回 母集団と標本
 標本調査のメリット・実例
総務省統計局
第3回 確率:基本的な概念(「独立」・「条件付き確率」など)
期待値:計算方法
第4回 確率分布
 二項分布・正規分布
総務省統計局
第5回 順列・組合せ(基本的な考え方と公式)
 高校数学程度の内容
第6回 表計算ソフトを利用した順列・組合せの計算
第7回 正規分布のグラフ:特徴

正規分布表の見方
ビデオリサーチ
第8回 標本抽出と推定誤差
NHK放送文化研究所
第9回 推定値の誤差幅の計算
標準正規分布への換算
内閣府政府広報室
第10回 t分布の利用法
 区間推定の実例
第11回 標本調査の設計・検定
 標本数の決定法など
第12回 産業連関分析
 産業連関表の構成・投入係数の計算
総務省統計局
第13回 復習(1)
 確率・期待値・正規分布
第14回 復習(2)
 標準正規分布・標本調査など
第15回 秋期試験